2018年12月23日 人為的東海地震の予言 

 

2018年12月23日 23時

最近ブログの更新どころでは無い緊急事態になっています。

人為的東海地震の予言を各方面に連絡してから、命の危険にさらされています。

3月よりずっと地震を阻止して来ましたが、12月14日の予告日前に投入された人工地震についての資料を内閣官房長官 情報調査室に送ってから、私の携帯電話など、盗聴されるようになりこちらの話が筒抜けになりました。

12月14日金曜日 3時~3時30分の人工地震の計画は、延期になりました。

1週間後の1221日金曜日にも実行したく計画していた様でしたが…朝調べると、特に愛知県は朝もウランが入っていました。そして東京湾も‥

そして、朝私の家の床下にも同じものが入れられているのを発見し、警察に証拠となると思い連絡しました。しかし、警察は動いてくれませんでした。それらを一部始終見ていた犯人は、その日も延期しました。

犯人達は、如何しても今年中に実行したい思いです。その前に予言女、それらの資料を全部破棄してしまう計画を立てています。地震の日、皆が騒いでいる時に誘拐し、家は床下にウランを入れ、地震で壊れ燃やして証拠隠滅、私は地震で行方不明になり海にドボンの計画を立てています。

しかし、一歩手前で床下からウランを発見し警察に来てもらったので、慎重になり延期になりました。

現在私達の行動は、10人以上の犯人の手下に見張られています。神様のお話ですと、「私達を始末してから地震を起こす事になっている。」と。

「床下爆弾も神様がお知らせして下さいました。」全て神様が守ってくださって居ますが、相手は、政治も絡んだ大きな組織ですので、私達の事を火の中に飛び込む蚊と同じと言う言い方をしていると、神様が教えて下さいました。

神様は、そういう事になる前に多くの方に見て頂くように資料の拡散をしなさいと言われましたので、以前までは、極秘にしてきた事柄ですが、12月14日の人工地震の件を国の機関にまで情報を送った事で、陰謀を暴いてくれるのではなく、反対に命を狙われる羽目になりました。神様の御加護がなければ、今頃は海の中の藻屑となっていた事でしょう。今晩も危ないかも知れませんので、事実を多くの方にお伝えしておきます。事の全てを分っている人達はたくさんいます。

もし私が始末される事があっても、必ず全貌を明らかにして、神様の申される世界を皆さんのお力で立て直してください。後多くの方が神様がどの様な事を臨まれて居られるか存じておりますし、ブログにも折々書いています。霊の元つ国日本が世界に先駆けて見本を示さなくてはいけません。どうか日本に生まれた皆様方の使命だと思って、必ず成し遂げて下さい。宜しくお願い致します。

同時に人工地震について送った手紙 No.1No.2No.3にて、何十人かに送った資料の全容を発表します。

人工地震について送った手紙 No.1No.2No.3

この資料の全容は、1回目 2回目 3回目とあります。3回目は内閣の情報調査室にも送っています。

上記の記事は各メディアにも送っています。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました