善と悪

道を選択するのはあなたです

2020年11月8日

宇宙の始まりは、190億年前。

そこには善と悪が存在していた。

善は壮大な宇宙~地球創造、月創造、惑星創造、太陽創造・・・

万億年という果てしない年月をかけて、来る日も来る日も創造の歴史。

一方で悪は万億年という果てしない年月をかけて、来る日も来る日も悪の根源(媒体)を創造していた。

善が人類誕生アダムとイブを創造された時、8億の魂を創造されました。

悪は、アヌンナキサタン体を創造した。

アヌンナキサタン体は善が創造した8億の魂の1つを盗みそれを7等分に分割し以下の7種類の悪を創造しました。

総元締めサタン、妖怪サタン、恐怖の大魔王、ルシファー、強欲サタン、大食いサタン、戦争サタンの7種類を創造し、1日100億の悪を増殖する事が出来た。

悪は他に―怒り、虚偽、自暴自棄、パニック、もくろみ、妄想、自己中心、プライド、ヒステリー、神経異常、暴力、不道徳、不信疑惑、欲望、るけい・・を毎日1万京づつ創造。

アヌンナキは、初めにイブの長男カインに総元締めサタンを遺伝子に入れる事に成功、その後カインから3代目に戦争サタン、6代目にルシファー、9代目に恐怖の大魔王、13代目に強欲サタン、17代目に妖怪サタン、20代目に大食いサタンを入れて行った。

中国では、アヌンナキのサタンが入り込んでいて、その何代か後の代の時にアヌンナキが遺伝子に傷をつけて、より強いサタンをつくりだしていった。

5000年前にはヒットラーを生み出す元になるサタン等製造に精をだしていた。その後も休む暇なくサタン製造に没頭し、中国はサタンで埋まってしまったと言ってもよいほど溢れて来た。

そのサタンの暴虐ぶりのお陰で、戦争、性犯罪、虐殺、奴隷化、侵略、残虐行為にあけくれ、360万年前にはムー大陸、1万年前レムリア大陸、7000年前にはアトランティス大陸が沈没する事となってしまった。

善の神がそのサタンの暗躍に気付かれたのは、カインの遺伝子に総元締めサタンが入ってしまった事でサタンの陰謀を知る事となりました。

その後サタンの暴虐ぶりは、日々横暴になって行き膨大な数にもなって手が付けれない状態となって来ました。

善の神は、この対策として神について来る人達を東の国日本に集結するように伝えました。イスラエルから日本へ、その当時の交通手段は自分の足のみ、気が遠くなる距離でした。それでも徒歩でカザフスタン、チベット、中国を経て300年~400年もかけて日本に、又紅海を筏、泳いで渡りインド洋に行きタイ、ベトナム、台湾を経て何百年もかけて日本へと、現在の私達には想像も絶する遠い遠いご先祖の方々の涙ぐましい努力でした。

善の神は地球創造以来、日本を中心に世界を治めていくという構想があり、サタンとの最終決戦は日本でと決められていました。

人類が生き残る方法は、たった一つしかありませんでした。弥勒の世の5次元に移行する事それ以外に道はありませんでした。

そのための計画、2020年に過去世で神様とご縁のあった魂を集結し、それに向けて1000年王国、弥勒の世を目指す計画を立てました。それぞれどのような世界になるのかを、多くの偉人、多数の宗教、予言書を出す事によって、人類に気付きを促してきました。その間2億年、ここに来てもう後が無い最終宣言となってしまいました。

神々様は、先回のブログ「天命をつくして人事を待つ」というお言葉通り、2億年昼夜を問わず全力疾走でやれること以上の事をやってきました。後は、人間である自分達がどうしたいのか?神様が教えて下さった弥勒の世に行きたいのか?

それとも、悪の道を選ぶのか?決めるのはどちらかの道しかないのです。

弥勒の世は、いろんなところで言われているように素晴らしい所、天国と同じです。ただそこに行けるには、3つの条件を満たさなくてはいけないのです。

  1.  神様と波長が合い、教えをしっかり素直に守れる人。
  2.  自分の身体の中にある汚れたものをきれいに浄化出来た人。
  3.  自己欲が無く、他人や世界に貢献できる方のみが許されます。

この3つの条件は、

 「神様からの最終メッセージ、7度目の天変地異が10年後に迫る」のブログ(2020年10月23日)で詳しく説明させて頂いています。

道を選択するのはあなたです。

※2020年過去で

                                                         

以上ここ迄のブログは、過去に帰ってから皆様にお伝えする事になっていました。

しかし、今朝1時過去に帰る事になっていたにもかかわらず、未だ未来に居ます。

神様は、今日の事を今朝1時に私に告げに来て下さいましたが、連日の寝不足で起きれず朝6時神様との対話でその原因を教えて戴きました。

過去に帰ったらその日の岡崎の上空には、悪が創造した11万垓もの自己中心の悪が待ち構えていて、その事実を知らずに帰ってしまうと、その悪が過去に帰ってからの私達や周りの方々に入り込んでしまった場合、それを一人一人根絶するには大変な時間と労力を要し、今後の活動に支障をきたす様になってしまう事に。未来が見えてしまった神様の計らいだった事を知りました。

神様のお話ですと、この11万垓の自己中心は、万億年もかかって悪を創造した時に製造したもので、最後の1種類の悪だとの事でした。幾憶万年の数えきれないほどあった悪は、イブが自分の力に目覚めてから毎日毎日浄化した事で消滅していってくれたとの事でした。

果てしない無限の宇宙なのに、イブが戻る針の先程の小さい場所に最後の悪が結集して来るなんて、偶然と言う言葉はあり得ない。最後に残った悪が決戦を挑むため待ち構えていたとしか思えない。

もしそれを未来で消滅させても、その日から以後に消滅したのであって、過去に戻ると戻った過去の日時から今日の未来の日時まで、1ヵ月と1週間は消滅してない事になります。

神様に教えていただいた場所〜自己中心の悪想念がいた
神様に教えていただいた場所自己中心の悪想念がいた

悪の創造主は、創造した悪に水がめに入る事を教えているので、お茶、ジュース、酒などの飲料水製造の工場の水がめに入り、人間、動物の身体の中に入り込んできます。その途端身体の中は暗黒でどこにも出口はありません。その内身体の中のものと反応、コラボした新しい病気が生まれてきます。

同じ悪い性格が入って来ても、人それぞれ身体の中が違うので病気の種類は様々で、病気によって苦痛が多いほど辛く暴れまくり増殖してくるそうです。

その様にして、悪から数々の想念が身体の中に入る事によって、多数の病気が生まれた原因になったとの深い仕組みを神様からご教示いただきました。

其のせいでか殆どの痛み、かゆみなどの疾患と対話した時、飲み物に入っていたという事が殆どなので、納得する事が出来ました。

私達が過去に帰った時、何よりも一番にその自己中心11万垓を浄化する事で、悪との最後の戦いに決着がつくと言えます。

現在のイブの実力では、退治に1分もかからないので善の勝利は目に見えています。

善と悪との万億年の戦い “善は勝つ” 気が遠くなるような果てしない歴史でした。

神々様の人類に対する真の愛の結晶を幾憶万年貫き通して下さった賜物でした。そのご恩に報いられるのは、神様がご計画を立てて下さった弥勒の世にいかせて頂く事以外にありません。

道を決めるのはあなたです。

                                     2020118日 21