2020929

27日の夜私の声が段々かすれて来たので、神様に何か憑いているのでしょうか?とお聞きすると、「助けを求めて声を限りに叫んでいるのが居るからです」と言うお答えを頂きました。

 詳しくお聞きして行くと、北アイスランドの海から5万匹の動物が助けて下さい!と念を発しているとの事でした。

そこは、1年中零下何度と言う気温なのに、今年の7月異常気象で40度に近い温度になり永久凍土も溶け出した地域だったので、当然そこに住んでいた人間、動物、植物等多くの犠牲が出たとのです。

 神様は、この動物達は、生前の行いが良かった動物なので、その声が神の元に届いたので、助けるようにとの事でしたが、遥か彼方の動物達、どのようにして助けたら良いのか?思案にくれてしまいました。

神様は、その動物をここへ呼んで身体の疲れを取り除いて、身体が癒えた後で、神が「草の生えた新しい場所」を教えてそこへ案内するとのお答えでした。

 そこで、神様にその動物のいる場所を教えて戴くと、本当にアイスランドの東の海で5万匹の動物の波動が出て、その動物をその場所から呼び寄せる事が出来ました。

その動物と対話させて頂くと「食べるものが無くなり餓死し、この先どの様にしていったら良いか?途方にくれて助けを求めていた」との事でした。

 神様のお話だと、まだまだたくさんの人間、動物が亡くなっているが、その霊魂は、いまだに自分の亡骸から抜け出せず亡くなった場所に居るとお聞きしました。

 この動物達とは何処が違うのでしょうか?とお聞きすると、

生前自己中心で執着を持ち神も仏も無いと言うような想いで生きて来た方々や動物達などは亡くなった時、魂が遺体から抜け出す事が出来なくて、反省が無い限り千年間はそのまま骨の中から出る事も出来なく、消滅する霊魂(霊体)になる

とご教示戴きました。

 この動物たちは、生前の志が良かったので魂と霊魂(霊体)が抜け出る事が出来、神様のところまでその波動が届いたという事でした。

その日は、神様の光のカードの上に乗って夜を過ごして頂きました。

 翌日の朝、最近では毎日神様他龍神様達全員の方々は、私達が寝ている間から世界の見回りにお出かけして居られます。私達は起きてすぐに神様方が世界のどの場所に鎮座されて居られるのか探します。その鎮座して下さって居られるところには、何百万京と言う膨大な数のサタン霊、コロナウイルス、インフルエンザウイルス海の上に出て来ているのです。海がその様な恐ろしいものに汚染されてしまっては、地球は破滅です。それを避けるため寝る暇も惜しんでお知らせ下さって居られます。

 動物達をここに呼んだ翌日も世界の海のあちこちで鎮座され教えて下さいました。そしてその日はそのようなものが無い所でも鎮座されていました。

それは、昨日動物たちの「草がある場所」を教えて下さると言われていたその場所だったのです。

さっそく動物達にその場所を教える事にしました。世界地図をみてもらって以前動物達のいた場所がここで、神様が教えて下さっている場所がこれから住む場所なので10分位あれば到着するからね!と説明をしてから、旅立って頂きました。

 神様が待っていて下さっているので、出会えば神様がお帰り下さると思うのですが、1時間以上たってもお帰り頂けず、どうなってしまったのか?

この様なケースは初めての事だったので、よくよく考えてみると、動物さんにこの家の位置を教えてない事に気付きました。この広大な地球でまだ自分の生まれたところから出た事も無かっただろう動物達に本当にかわいそうな事をしてしまったと、馬鹿な自分を責めていました。 

 急いで動物の出掛けた後を追跡すると、動物達は目的地と反対の方角に進んでしまったようでした。しかし、よく見ると他で鎮座して居た神様方が役割りを終えて、道に迷っていた動物達の所へ行き誘導されているのが分かりました。その後、草のある場所に鎮座していた神と道案内神様方他、動物5万匹合流されたのでした。

 神様は、神を信じ頼って来る者に対し、お忙しい中動物といえども分け隔てなく今後の住処から迷子まで道案内して下さったのです。

そして、夜偶然スタッフが九州でハロが出たみたいだよ!と。ヒガンバナと一緒に写っていてとてもきれいだよ!と言う声がありました。

 ハロは喜ばしい事があった時、神の実在を示す為に見せて頂けるものです。

神様の波動が出て居られるか見てみると、今朝動物達を誘導して下さった神々様の波動と同じでした。

 何のメッセージなんだろう?皆で考えたところ、今朝のおめでたい出来事でないの!と全員一致の答えでした。見ると左に整列していない雲があり、そこに朝の動物5万匹が一緒にハロに参加していました。

2020.9.28  神の実在を示すハロ
2020.9.28  神の実在を示すハロ〜九州にて

最近の悪い風潮の中、この動物達は神様の愛をいっぱいに戴けたことが何より嬉しい出来事でした。

 そんなほほえましい出来事の少し前のこと、その日も私の喉の調子が良く無かったので、神様にお聞きしたところ、私の家の二階の納戸の部屋で話したい事があると遠隔で念を送ってきている霊が居る、霊が原因とのお知らせを戴いたので、その霊を呼んできて理由を聞いてみる事にしました。

 その霊は、喉の手術をして亡くなった女性の霊で死後もそこが痛くて水も飲めなくて、私が以前セミナーに参加した時に助けてもらいたくて付いて来たが居間に入らず2階の納戸に行ったとの事でした。

 自分が喉を切開しなければいけなかったのは、貴女が誰かの喉を傷つけたから自分に降り懸かってきてそういう事態が起きているのですよ!という事を説明させて頂きましたが、相手が悪い事したから自分もお返ししただけで自分は悪くない!と言い張りました。

その様な彼女は、神様の光カードにも怖くて乗れず、動物さんたちが身体も癒えて新しい新天地を神様に案内して頂いたと言うのに、痛みも消えず、水も飲めない状態でした。 

 彼女は人間の霊なのですが、こちらの言った事を、反省も悟る事も出来なくて、「相手を切りつけて殺したが、自分は命令されてやっただけだから悪くない」との事を繰り返し言ってきました。

 霊層界は全て相応の理の中で働いています。自分の行った行為はその場で全て遺伝子の中にインプットされます。現在の幸不幸は、全て自分の行った結果が反映されているのだそうです。

自分中心に神も仏も無いと生きて来た彼女は、反省も出来なく神様からも見放されてしまいました。

 地球の果てに居る動物でさえ神様の御心に合っていれば、どんな事をしても助けて頂けるのに、それに比べ神のお膝元で毎日の説法をお聞き出来る所に居るのに聞く耳も持たずの彼女の相反する姿勢です。

 その様な方のたどる道は、痛みは消える事は無く、水一滴飲むことも出来ず地獄の苦しみです。霊魂(霊体)を消滅させて下さいと言われ、その道を選んだ後は、今度は動く事も出来ずに、もっともっと何倍もの痛みとの戦いが待っているとの事だそうです。

神様の御心を理解された動物霊と、何回教えても反省できない人間霊との対照的な心の持ち方、考え方。地獄極楽が良く理解できる相反する道を勉強させて頂いた出来事でした。

 その他に現在こちらに2霊の方がいます。ブログに紹介させてもらいました兄の霊ですが、彼は生前もマイペースで自分の好きな事だけをして生きていました。やはり霊になっても同じです。いつの間にか自宅に戻ったり、夕飯時には、こちらへ来てお酒を飲み、朝になると自分の好きな所へ出かけたりと自由奔放です

 もう1霊の蚊になってこちらに来た霊さんは、生きている時にこのような真実を聞けたら良かったのにと思っていて、今後は少しでも世の中のお役に立つ事をお手伝い出来たら良いという気持ちが強い方です。こちらの質問にも快く対応してくれ、真面目な方だったようです。ほとんどの霊は生前のままの性格が反映されているようです。

この様な身近に起きた体験でしたが、皆様も現在の生き方を振り返ってみては如何でしょうか?

                       2020年9月30日 21時