太陽系の創造

2020119

善は宇宙創造神 幾億万年幾多の惑星を創造し続け、悪は幾億万年自分の御魂をちぎり悪の全てを創造し続けた。

その善と悪が存在した億万年以前はどの様な宇宙だったのか?

今朝も太陽系から何光年以上も遠い所に存在する星より心配の波動が伝わってきた。

霊視すると大きな惑星が欠けた事実が分かり、予想もつかない出来事に驚き、果てしない宇宙の営みの事も知ってもらいたいとの思いになってこられた創造主でした。

善の神が、広大な宇宙に自分の存在を意識してから、初めに宇宙に散在しているものを集結していこうと思いたちました。広大な宇宙なので、巨大な龍の形に変化し来る日も来る日も周りにある星を集め、1つにまとめ始めました。

天の川銀河ー太陽系の所で、火星、木星、海王星、天王星、土星、地球、金星、月、太陽の順に創造していきました。

地球を創造してから、自分の御魂をちぎり7神を創造し、その後の惑星、金星、月、太陽は7神と共に創造していきました。

太陽系の惑星
太陽系の惑星

現在の宇宙工学では、天王星、海王星は、氷の惑星と言われていますが、氷ではなく冷たくて固い物質で出来ているとの事。

宇宙工学では、木星、土星は核があり殆ど水素で出来ていると言われていますが、核は無くガスの塊であるとのことです。

宇宙工学では火星、金星、水星、地球は岩石惑星といわれていますが、神様も同じ様にいわれます。

太陽系の8個の惑星には、全て雲が出来雪や雨が降ります。

しかし、水星と地球だけが雨の恩恵を受けます。

水星は、太陽に一番近いので、水もたまらず蒸発してしまうはずですが、運よく大きなクレーターがたくさんあり太陽光線を遮る事が出来て、その中では、水の恩恵を受ける事が出来、草木も生えています。水が無くなると水星の気温の低い軸の方で氷が出来ていてそれを運んで使います。

宇宙では、地球は最高に水の恩恵を受けていて、河、湖、海、山、草木があり無くてはならない尊いものとなって居ます。

火星は、その名の通り固い岩石惑星なので水が浸透しなくて保水されないので、せっかく降った雨も貯水が出来ません。

金星は、火星と同じく岩石惑星ですが、太陽と地球の間のバランスを考えて創造されました。

創造主は、アダムとイブを創造する前に、19の惑星で、試作的に宇宙人を創造しています。

19の惑星の内水星だけは水があり、地球と同じく川があり、草木が茂っています。他の惑星では、水がありませんが、皆さん5000年の寿命です。

「んらやゑられろゆゑ星」は、類人猿の惑星で、3種類のリスの大きさの動物を創造してあり、それが食料になって居ます。そこでは、50歳の寿命という事です。どうしてそんなに寿命が短いのでしょうか?その答えは、動物が食料だからだという事です。

その他の18の惑星の宇宙人の寿命は、5000年の寿命なのにこの違いはどうしてでしょうか?

答えは、空気が食料になって居るからだとの事でした。創造主は、人間創造において5000年の寿命を遺伝子に組み込んでいました。しかし、地球に住む人間はサタンにそそのかされて、だんだん多く食べ物を食べるようになってきてしまった事が原因だとお聞きしました。其のせいで精神や肉体に不調をきたすようになって来た経緯があります。

試作的に創造した宇宙人の方が、病気もせずに長生きし、戦争も起さず、電気は原子力も使わず、地球にはまだ出来ていないクリーンエネルギーを使用している惑星が3つもあります。又地球では出来ていないUFOも2つの惑星では利用されています。

宇宙創造神はこれだけの偉業を成し遂げ、情けない人類をここまで導いてくださっています。

人類はこの神様の愛にどのように答えていくのでしょうか?

2020119日 23