2019年5月6日

最近こちらに相談に来られた家族の方のお話です。何処の病院へ行っても原因が分からず、でも本人は苦しいので、何とかしてほしいと家族に訴えて来るので、あちらこちらの病院10件以上で検査するけれども、異常無し。年齢の性にされるだけの病院めぐり。本人は納得出来ず、家族に毎日訴えて来る事の繰り返しが続き困っていたとの事でした。

本人の症状は、脳梗塞で倒れ片方の手足がうまく使えないが、それよりも辛くて気になるのが、大便が出なくお腹が詰まっている感じがして、それをスッキリしたい気持ちがいつでも頭の中を占めているとの事でした。しかし、家族のお話では毎日トイレに行っているが本人はその感じがしなくて、すっきり感が無いとの事でした。

波動測定すると、神経異常の細胞と脳梗塞で便秘の宇宙霊が憑いていました。その方に憑いている霊の病気がそのまま本人に伝わって来ていたのでした。この方だけでなく殆どの方の異常は、この様な事が原因で起こっています。

又もう一方の家族では、父親が精神の異常をきたしているとの事でした。

ご飯の中に目があるので、ご飯が食べられない、ずっと独り言を言っている、夜中隣の家にトントンしに行く、大小便にヘビがとぐろを巻いているとの事で、トイレに行けず、洗面器の中でしなければならないとか、全てにおいてこの有様と言うことでした。原因は妄想霊に憑かれていました。

お二人のご家族とも、本人は勿論ですが、周りまで巻き込んでの症状、訴えですので、一人病人が出ると、家族の皆さんが身動きが取れない状態に陥ってきて居るとの事でした。

精神も病気も全て原因があります。病院では、原因は分からず結果に対しての処置、お薬になっています。

本当は、細胞、宇宙霊、妄想霊の対処と浄化が必要なのに、原因も分からないから取り除く事も出来ないし、脳梗塞のお薬とか、神経のお薬とかになっていて根本から良くなる事はないのです。それが進んだ現代医学といえるのでしょうか?

皆さんも、もっともっと目を開いていかないと、自分自身も家族も、日本も、世界も、心配の種が尽きません。

これからは、結果だけを見て対処する時代ではなく、根本の原因を見ていく時代ではないでしょうか?

 

追記

会員の方の体験談ですが、本人より是非伝えて下さいとの要望がありました。

Mさんの体験談

4月頃より次元が変わると神様がおっしゃっていたとお聞きした直後の42日より2週間程の間に、身近な会員の方に憑いて居ただろう全く同じ症状の霊魂が次々と私の元に来てしまいました。

特に症状の強かった3人の会員の方々と同じ症状に次々と襲われました。尋常じゃない痛み、吐き気、痒み、悪寒、震えが出てきて、生まれて初めて息も絶え絶え余りの辛さに泣いていました。こんなに辛かったら、生きて居れない!と思う位の辛くて苦しい体験の始まりでした。

以前の光カードをあるだけ、100枚近くお借りしても良くならない状態でした。

神様にお伺いしたところ、次元が変わって助けての思念が来たとの事。それをキャッチしたんだそうです。

幸いな事に、新しい光カードを使用したら、不思議と浄化する事が出来、症状も無くなり平穏な日々を取り戻す事が出来ました。辛い体験でしたが、事実あのような症状で苦しんで居られる方々を、少しでも理解する事が出来たのは、貴重で必要な体験だったと、今では思えます。

新しい光カードは以前の光カードと見た目は変わりませんが、威力は格段に違います。手に持っただけで100倍の力を感じました。これからはこの光カードがないと令和の時代を乗り越えられないと実感しました。

皆様は大丈夫ですか?周りに何か変化はありませんか?

会員の方の壮絶な体験のお話でしたが、丁度その頃以前の光カードの在庫が無くなり、4月に入ってから新しく製作する事になって、神様に入魂して戴いたところでした。

その頃、体調の悪い方が助けを求めてきていて、その原因となる霊魂が、以前の光カードだと、7090枚でやっと浄化出来るくらいの強い霊魂が居たのでした。

これでは、会員の方も自分で浄化出来ず苦しいはず!と思いました。その時新カードを使ってみたら、たった一枚で浄化出来てしまったのでした。

その事に驚き神様にお伺いしました。

お答えは、

神の霊験を示され、光が強くなって次元が変わり、そのことによって身体の掃除が始まり、又汚れた悪を一掃する様になります と教えて戴きました。

やはり4月頃から次元が変わり同じ光を入魂して下さったのだけど、実際には100倍の力に変化していて、以前の100枚と新カード一枚とは同じ結果が出たのでした。

現在、新カードを使用された方々から感動の体験談がたくさん寄せられています。

宇宙創造神直々の御光が入魂されて居られる事等、この地球上では考えられない大変貴重な御光なので、本当に心から神様を信じて下さる方々に使って頂きたくお願い申し上げます。

2019年5月7日 11時